GMOのスクリーニング機能で1万円以下の仕手株探し

昔は最低単元株数が1,000株でしたので、50円の株でも50,000円の投資資金が必要でした。それが東証の単元株数を100株に統一する方針が発表されてからは100株に単位を下げる会社が続出し、今では50円の株は5,000円出せば買えるようになりました。50,000円出すなら500円の優良株を買った方が良いですが、5,000円の出費で済むなら仕手株と呼ばれる低位株にも気軽に投資してみようという気になります。
そこで、1万円以下で買える銘柄という条件で探すなら、GMOクリック証券の株価スクリーニング機能を使ってリストアップするのが便利です。単元株数が100株なら100円以下、1,000株なら10円以下の銘柄を探します。もちろん、業績の悪い会社が大半です。株価が安いので大量に購入できることから、仕手株になるのはたいていが業績が悪化して低位にいる銘柄です。これらの株が月次の売り上げが上がったとか、決算が上方修正されたとかの材料が出た時に、仕手筋が動いて急騰することがあります。
1万円以下で買える仕手株をあらかじめ仕込んでおいて、仕手化を待つのもひとつの投資法ではあります。そのためにも普段からGMOクリック証券のスクリーニング機能で検索して、リストアップしておくことが大事です。
ただ、リスクはある程度覚悟しなければなりません。2015年にも老舗の海運会社が経営破たんしましたが、あの銘柄も長い間100円以下で低迷していました。1万円以下だからそれほど惜しくないと割り切った、ドライな投資が可能な人なら仕手株を1つ2つ持ってみるのも面白いのではないでしょうか。
なお、GMOクリック証券は非上場ですが、親会社のGMOクリックホールディングス(ジャスダック・証券コード7177)は上場しているので投資は可能です。