仕手株化しにくい新日鉄住金や群馬銀行

仕手株という言葉を聞いたことがある人も多いことでしょうが、これは一体どのようなものかというと株価を自ら釣り上げてそれにおびき寄せられた投資家たちに事前に安く仕込んでおいた、株を売りつけて利益を出そうとしている銘柄のことを指します。
一般的に仕手株というのはリスクの高いものであり、堅実な投資を考えているのであれば手を出すべきではないと言われているのですがそれでは仕手株というのはどこで見分けるのかというと、業績に対して以上に高い株価になっているものが仕手株と考えられます。

仕手株を行うには株を買い集めた後に株価を釣り上げなければ行けませんから、必然的に新日鉄住金や群馬銀行のように規模の大きな銘柄は狙われにくく、業績が不振であったり将来性がなく市場から関心の薄い銘柄が選ばれやすいものとなります。
そのような銘柄は少し買い上げるだけで株価を大きく上昇させることができるので、市場からの関心を引きやすく他の投資家たちおびき寄せやすいものとなっています。
つまり、業績などに問題があるのに急に株価が上昇するような銘柄はリスクが高いものといえるので、業績をよくチェックしておけば仕手株は避けることができます。

また、新日鉄住金や群馬銀行といった一定の規模がある銘柄というのも仕手株になりにくくこれらの銘柄は株を買い集めるのは容易であっても、規模が大きなことから株価の釣り上げが困難なものとなっています。
株価を釣り上げることができなければ、仕込んだ株を高く売ることができませんから利益を出すことができないので新日鉄住金や群馬銀行というのは仕手株として狙われにくいため、仕手化するリスクの少ない銘柄を選ぶのであればこのような株を買うと良いでしょう。